木村荘十二(読み)きむら そとじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村荘十二 きむら-そとじ

1903-1988 昭和時代の映画監督。
明治36年9月4日生まれ。木村荘平の12男。木村荘八,木村荘十の弟。武者小路実篤(さねあつ)の「新しき村」運動に参加。昭和5年「百姓万歳」でデビューし,PCL(東宝の前身)で「兄いもうと」「彦六大いに笑ふ」などを発表。戦後は「森は生きている」などの児童映画を製作した。昭和63年8月10日死去。84歳。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android