コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村荘十 キムラソウジュウ

デジタル大辞泉の解説

きむら‐そうじゅう〔‐サウジフ〕【木村荘十】

[1897~1967]小説家。東京の生まれ。洋画家の木村荘八(しょうはち)は異母兄に当たる。満州で新聞記者、出版社の経営を経験し、作家となる。正義感に満ちた大衆小説を執筆。「雲南守備兵」で直木賞受賞。他に「血縁」「嗤(わら)う自画像」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村荘十 きむら-そうじゅう

1897-1967 昭和時代の小説家。
明治30年1月12日生まれ。木村荘平の10男。満州(中国東北部)にわたり新聞記者,雑誌経営者をへて作家となる。昭和16年「雲南守備兵」で直木賞。ほかに「嗤(わら)う自画像」など。昭和42年5月6日死去。70歳。東京出身。慶大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

木村荘十の関連キーワード大辻 司郎宇野 重吉徳川 夢声うなぎとり木村荘十二嗤う自画像昭和時代木村荘八熱泥地木村

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android