コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村荘十 キムラソウジュウ

デジタル大辞泉の解説

きむら‐そうじゅう〔‐サウジフ〕【木村荘十】

[1897~1967]小説家。東京の生まれ。洋画家の木村荘八(しょうはち)は異母兄に当たる。満州で新聞記者、出版社の経営を経験し、作家となる。正義感に満ちた大衆小説を執筆。「雲南守備兵」で直木賞受賞。他に「血縁」「嗤(わら)う自画像」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村荘十 きむら-そうじゅう

1897-1967 昭和時代の小説家。
明治30年1月12日生まれ。木村荘平の10男。満州(中国東北部)にわたり新聞記者,雑誌経営者をへて作家となる。昭和16年「雲南守備兵」で直木賞。ほかに「嗤(わら)う自画像」など。昭和42年5月6日死去。70歳。東京出身。慶大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android