木村荘重(読み)きむら むらしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「木村荘重」の解説

木村荘重 きむら-むらしげ

1907-1982 昭和時代の社会運動家。
明治40年6月24日生まれ。(くれ)海兵団入隊,共産党員の影響をうけて昭和7年機関紙「聳(そび)ゆるマスト」配布活動などに参加。同年入党,検挙され懲役3年。戦後,21年郷里の島根県木部(きべ)村長,25年朝鮮戦争反対のビラ配布で重労働4年。昭和57年10月7日死去。75歳。旧姓中島

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android