コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海兵団 かいへいだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海兵団
かいへいだん

旧日本海軍で新兵教育と軍港地域の陸上警備防空などを任務とした部隊。各鎮守府 (軍港) に所属した。その他,信号,軍楽などの教育のための練習部があり,艦船などへの補充員も所属した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かいへい‐だん【海兵団】

旧日本海軍で、軍港の警備や下士官・新兵の教育・訓練のために各鎮守府に設置されていた陸上部隊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいへいだん【海兵団】

旧海軍が各鎮守府においた陸上部隊。軍港の防衛や海軍下士官・兵の補欠員を収容し、教育訓練に当たった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海兵団
かいへいだん

旧日本海軍において軍港の警備と新兵の教育にあたった部隊。鎮守府に属し各軍港に配置された。海軍の場合、新兵は海兵団に入団し、その練習部でおおよそ5か月の基礎的な訓練を受けたのち、実施部隊に配属される。また、1900年(明治33)の北清(ほくしん)事変、32年(昭和7)の上海(シャンハイ)事変などの際には、海兵団部隊を中心にして海軍陸戦隊が編成されている。[吉田 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

海兵団の関連キーワード有栖川宮 威仁真継 不二夫寺島 珠雄坂井 三郎カップ一揆大角 岑生芳村 種吉相沢 忠洋梶野 悳三松本 恵雄池波正太郎村上 正二仙頭 武央西 紳六郎安原 金次安浦[町]大竹(市)西氏恒次郎篠崎盛一郎内田 正敏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海兵団の関連情報