木越正光(読み)きごし まさみつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木越正光 きごし-まさみつ

1784-1845 江戸時代後期の鋳物師。
天明4年生まれ。金沢の釜師(かまし)。宮崎寒雉(かんち)の弟子木越三右衛門の4代目。横河長久に冶金(やきん)をならい,享和元年,金沢天徳院の梵鐘(ぼんしょう)を鋳造鉄瓶(てつびん)作りにすぐれ,金沢藩主前田家の釜もつくる。代々三右衛門を称した。弘化(こうか)2年死去。62歳。加賀(石川県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android