コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜師 カマシ

4件 の用語解説(釜師の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かま‐し【釜師】

茶の湯釜の製作者のこと。室町末期に専門工が現れ、桃山時代には西村道仁(にしむらどうにん)・辻与次郎(つじよじろう)などの名工が出た。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かまし【釜師】

茶の湯に用いる釜を製作する鋳物師(いもじ)。釜大工ともいう。古くは釜作専業ではなかったが,室町時代以降,茶の湯の流行に伴い,京都三条釜座がおこると,釜作を専業とする鋳物師が輩出し,釜屋と称し,茶人の好みに応じた釜を鋳造するようになった。足利将軍家においては御釜師の名称も用いられたといわれるが,釜の発祥地とされる筑前芦屋や下野(しもつけ)天命では金屋を称しており,いわゆる鍋・釜や梵鐘,釣灯籠なども製作していたが,金屋大工が一般に釜師と称されるようになったのは,京釜が隆盛した安土桃山時代以後のことと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かまし【釜師】

茶釜を鋳る職人。茶釜師。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釜師
かまし

鉄の鋳物の茶釜(ちゃがま)(茶の湯釜)を生産する職人。茶釜師ともいう。中世の14世紀には京三条釜座(かまんざ)、天明(てんみょう)(栃木県佐野市)、芦屋(あしや)(福岡県芦屋町)が主生産地であったが、15世紀から茶の湯の盛行により需要が増加し、釜座の茶釜の鋳物師(いもじ)をとくに釜師といった。近世の17世紀では江戸や盛岡、仙台、山形、金沢、桑名などでも生産された。居職(いじょく)で、工具は鋳物師と同じである。釜屋は釜師のことでもあったが、茶釜などを釜師から仕入れて販売する商人をさすことが多かった。近代からは需要は少なくなり、盛岡などでは実用的な鉄瓶とともに製作されているが、かつての釜師は少数の美術的な作風の工芸作家となった。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

釜師の関連情報