コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

未開通貨 みかいつうかprimitive currency

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

未開通貨
みかいつうか
primitive currency

いわゆる「未開社会」で物品の交換の媒体,もしくは富の象徴として用いられる多様なもの。エチオピアの岩塩,上ナイルのディンカ族シルーク族の鍬 (くわ) や家畜,アフリカ中央部および西部で用いられる布や鉄片,メラネシア,アフリカの一部で用いられる貝殻の輪,フィジーのクジラの歯などはその例で,実用的なものと装飾的なものとがある。メラネシアで用いられる首飾りのように貝殻をつないだものは,色によって価値が異なるが,冠婚葬祭などの儀礼に用いられることが多く,正確な意味で通貨とはいえない。しかし,アフリカで使われている岩塩や鉄片などは,より通貨的な性質をもち,特にアフリカ西部からサハラ砂漠にかけて使われている宝貝 (子安貝) は,日常の売買にも用いられ,近年までつり銭としてヨーロッパ通貨の小銭代りに使われていた。 (→未開交易 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android