末家(読み)ばっけ

精選版 日本国語大辞典「末家」の解説

ばっ‐け【末家】

〘名〙
本家から独立して新たな一家をかまえた家族。特に、江戸時代の武家階級で、ある家の子孫で、その家から分知配当を受け、または幕府から別に封祿を受けて一家を立てたものをいう。分家
※諸例集‐六(古事類苑・政治六四)「本家末家唱方之儀」

まっ‐け【末家】

〘名〙
① 一族中で、本家から血縁のもっとも遠い家。
※公議所日誌‐五・明治二年(1869)四月「自今末家へは御判物を賜ふを許るさず、宗家の祿高内分し」
芸道の家元制などで、末流の人々。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「末家」の解説

ばっ‐け【末家】

本家から分かれた家。分家。また、本家から血縁の最も遠い家。まっけ。
「矢の倉の―の茝庭さいていが六十三歳で歿し」〈鴎外渋江抽斎

まっ‐け【末家】

本家から血縁の最も離れた分家。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の末家の言及

【同族】より

…社会学,民族学,民俗学,社会人類学によっては同族団(同族集団,同族団体,同族組織)と呼ばれ,国際学界でもdozokuの名でとおり,クランclanやシブsibとは区別されている。ここにいう分家は末家(マッケ)とも呼ばれ,分家,別家と並べて呼ぶときは一方が親族分家,他方が奉公人分家を指す(関西の都市の商家では必ず別家のほうが奉公人分家を指し,ムラではその逆の呼び方もある)。明治の民法上の〈分家〉は親族分家のみを指し,民法上の〈本家・分家〉関係は奉公人分家を〈分家〉とは認めず排除している。…

※「末家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android