コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末永純一郎 すえなが じゅんいちろう

2件 の用語解説(末永純一郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

末永純一郎 すえなが-じゅんいちろう

1867-1913 明治時代のジャーナリスト。
慶応3年3月2日生まれ。末永茂世(しげつぐ)の長男。杉浦重剛の塾にまなぶ。陸羯南(くが-かつなん)らの新聞「日本」にはいり,日清(にっしん)戦争では従軍記者として中国にわたる。明治38年大連で「遼東新報」を創刊した。大正2年12月31日死去。47歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。号は鉄巌,戯道人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

末永純一郎

没年:大正2.12.31(1913)
生年:慶応3.3.2(1867.4.6)
明治時代の対外硬ジャーナリスト。号は鉄巌。筑前国(福岡県)住吉神社神官茂世の長男。明治16(1883)年に上京し,杉浦重剛の塾に学んだのち,帝大法科大学選科(東大)に入学,22年『日本』に入る。日清戦争(1894~95)に際しては,従軍記者として活躍し,その後は東邦協会などで孫文らと交わった。31年に政府が新聞紙課税を行おうとすると,同志らと反対運動を展開し,新聞紙課税の中止に成功する。また地租増徴反対同盟会幹事として,地租増徴に反対した。38年大連で『遼東新報』を創刊。性格は恬淡無欲で金銭に頗る無頓着であったという。<参考文献>黒竜会編『東亜先覚志士記伝』下(復刻,1966)

(小宮一夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末永純一郎の関連キーワード国際ジャーナリスト機構国際ジャーナリスト連盟ビデオジャーナリストジャーナリスティックジャーナリストフォトジャーナリストフォトジャーナリズムスポーツジャーナリスト小林雄一鈴木力

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone