本初仏(読み)ほんしょぶつ(英語表記)Ādibuddha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原初仏ともいう。大乗仏教の密教形成期の最後の段階においてインド信仰されはじめた仏陀。世界生成の原因であるとされる仏陀で,ヒンドゥー教の有神論的見解が顕著である。この信仰はネパールチベットに伝えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

宇宙の根源としての仏。サンスクリットのアーディ・ブッダĀdi‐buddhaの訳語として近年の仏教学者が用いている。チベットでは毘盧遮那(びるしやな)仏の法身である普賢菩薩を,ネパールではスバヤンブー(自然生)とも称される文殊菩薩を指す。いずれもタントラ仏教での異名であり,時輪タントラではその根本タントラ(密教経典)に〈最勝本初仏〉の名を冠している。父たる方便の空性と母たる般若の慈悲が双入(両立)して,一体不二であることを示し,タントラの究極的な真理を実現しているとされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android