本因坊伯元(読み)ほんいんぼう はくげん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本因坊伯元 ほんいんぼう-はくげん

1726-1754 江戸時代中期の囲碁棋士。
享保(きょうほう)11年生まれ。本因坊秀伯に入門。元文6年秀伯の危篤の際に跡目にえらばれ,本因坊8世をつぐ。御城碁をつとめたが,宝暦4年病を得,間宮察元(さつげん)(本因坊察元)を跡目とする願書を提出,許可をえたのち,9月26日没した。29歳。武蔵(むさし)幸手(さって)(埼玉県)出身。本姓は小崎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android