本因坊知伯(読み)ほんいんぼう ちはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本因坊知伯 ほんいんぼう-ちはく

1710-1733 江戸時代中期の囲碁棋士。
宝永7年生まれ。本因坊道知(どうち)の(おい)。13歳で本因坊家の跡目となり,享保(きょうほう)12年道知の死去により18歳で本因坊6世をつぐ。6段にすすみ御城碁をつとめたが,享保18年8月20日急逝した。24歳。武蔵(むさし)多摩郡(東京都)出身本姓井口

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android