コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本土空襲 ほんどくうしゅう

大辞林 第三版の解説

ほんどくうしゅう【本土空襲】

太平洋戦争の末期に本格化した米軍機による日本本土に対する空爆。日本各地に B 29 などによる焼夷弾しよういだん爆撃などが行われ、甚大な被害を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

本土空襲

1942年4月、米軍は都市部や工業地帯を中心に空からの爆撃を開始。全国で計50万人以上が犠牲になったとする民間の調査結果もある。大阪は約50回の空襲を受け、100機以上のB29爆撃機による大空襲は8回。東京大空襲から3日後の45年3月13日夜~14日未明には274機が1733トンの焼夷(しょうい)弾を投下し、約4千人が死亡、約50万人が被災した。

(2014-09-17 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

本土空襲の関連キーワード硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい)太平洋戦争とキスカ島ミッドウェー海戦サイパン島の戦いドゥーリトル空襲鈴木貫太郎内閣小磯国昭内閣マリアナ諸島大陸打通作戦大阪空襲訴訟太平洋戦争ナパーム弾ハルゼー昭和天皇学童疎開防空法小学生軍需省紫電末期

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本土空襲の関連情報