コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多助実 ほんだ すけざね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多助実 ほんだ-すけざね

1819-1877 幕末の大名。
文政2年3月29日生まれ。本多助受(すけつぐ)の子。本多助賢(すけとし)の養子となり,安政5年信濃(しなの)(長野県)飯山藩主本多家7代。元治(げんじ)元年奏者番。隠居後の明治2年,子の9代助寵(すけたか)の病死により再勤して飯山藩知事をつとめた。明治10年3月21日死去。59歳。初名は助籍。号は竹僊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多助実の関連キーワード粗粒玄武岩杵屋六左衛門おらが春石田春律各務文献振鷺亭林国雄渡辺一閃緑岩人情本