コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多助賢 ほんだ すけとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多助賢 ほんだ-すけとし

1791-1858 江戸時代後期の大名。
寛政3年1月4日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)大垣藩主戸田氏教(うじのり)の次男。本多助受(すけつぐ)の養子となり,文化3年信濃(しなの)(長野県)飯山藩主本多家6代。奏者番,若年寄をつとめる。弘化(こうか)4年善光寺大地震がおこり,その対策に苦慮した。安政5年9月17日死去。68歳。初名は助利。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多助賢の関連キーワード本多助実

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android