コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多康重 ほんだ やすしげ

2件 の用語解説(本多康重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多康重 ほんだ-やすしげ

1554-1611 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)23年生まれ。本多広孝の長男。徳川家康につかえ,三河一向一揆(いっき)鎮定などの合戦に父とともにくわわる。家康の関東入国のとき上野(こうずけ)(群馬県)白井に2万石をあたえられた。関ケ原の戦いの際には秀忠に属し,その功で三河(愛知県)岡崎5万石にうつる。慶長16年3月22日死去。58歳。通称は彦次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本多康重

没年:慶長16.3.22(1611.5.4)
生年:天文23(1554)
戦国・江戸初期の武将。譜代大名。三河国碧海郡土井郷(愛知県岡崎市)に出生。通称は彦次郎,豊後守。本多彦三郎広孝と松平甚太郎義春の娘の嫡男。妻は石川日向守家成の娘。永禄5(1562)年元服の折徳川家康より諱の1字を与えられ康重と称す。初陣は永禄12年の掛川攻め。以来父と共に多くの戦功をあげた。天正5(1577)年三河の領地を襲封。小牧・長久手の戦では堀秀政の3000の兵とわたりあい7カ所の傷を蒙る。同18年上野国白井城主2万石を給される。関ケ原の戦では徳川秀忠に属し上田城を攻め,戦いのあと3万石を加増され,慶長6(1601)年2月三河国岡崎城5万石に転封。同16年岡崎で病死。先祖代々家康に忠節を唱え,信頼された。

(藤實久美子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の本多康重の言及

【岡崎藩】より

…徳川家康はこの地を本拠に独立し,のち天下統一に乗り出した。1590年(天正18)家康の関東移封後,豊臣秀吉によって田中吉政が岡崎に封ぜられたが,1601年(慶長6)関ヶ原の戦の功によって筑後久留米に移され,かわって家康の腹心の一人本多康重が5万石で入封した。康重は領内検地を実施,天守閣を築き,城下町の整備につとめるなど藩政の成立に努力した。…

※「本多康重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

本多康重の関連キーワード本多康重由良国繁後水尾天皇ピカレスク小説悪漢小説江戸落語上方落語策伝大賞アルム広場安楽庵策伝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone