コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多政長 ほんだ まさなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多政長 ほんだ-まさなが

1633-1679 江戸時代前期の大名。
寛永10年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主本多政朝(まさとも)の次男。本多政勝(まさかつ)の養子となり,寛文11年大和(奈良県)郡山(こおりやま)藩主本多家(定通系政朝(まさとも)家)2代。政勝死去の際,相続争い(九六騒動)がおき,15万石のうち9万石(じつは持ち来たりの3万石もふくめ12万石)が政長に,6万石が政勝の実子の政利(まさとし)に分知された。延宝7年4月24日死去。47歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多政長の関連キーワード一木権兵衛松意高政越後騒動雑喉場鶏冠井令徳ジェームズ[2世]明石藩梅津政景ケアリー