コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多紀貞 ほんだ のりさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多紀貞 ほんだ-のりさだ

1580-1623 江戸時代前期の大名。
天正(てんしょう)8年生まれ。本多康重の次男。元和(げんな)4年上野(こうずけ)(群馬県)白井藩主となり1万石をあたえられ,大番頭(おおばんがしら)となる。元和9年4月26日死去。44歳。嗣子がなく白井藩は廃藩,白井城廃城となった。通称は次郎八。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本多紀貞の関連キーワードアビス朝ヤン・ヨーステンキリシタン関係主要人名一向一揆カスパルルセナ日野輝資ルセナ黒田長政直方[市]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android