本庄宗武(読み)ほんじょう むねたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄宗武 ほんじょう-むねたけ

1846-1893 幕末-明治時代の大名。
弘化(こうか)3年6月10日生まれ。本庄宗秀(むねひで)の長男。第2次幕長戦争のとき老中であった父が独断で休戦交渉をおこなって蟄居(ちっきょ)となったため,慶応2年丹後(京都府)宮津藩主本庄(松平)家7代となる。維新後,宮津籠(この)神社宮司などをつとめた。明治26年4月28日死去。48歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android