コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本庄宗秀 ほんじょうむねひで

3件 の用語解説(本庄宗秀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本庄宗秀
ほんじょうむねひで

[生]文化6(1809)
[没]1873.11.20. 東京
江戸時代末期の丹後宮津の藩主。天保 11 (1840) 年襲封。藩政の立直しに努め,その後海防に尽力。万延1 (60) 年大坂城代,元治1 (64) 年老中となり,外国掛として兵庫開港延期交渉にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄宗秀 ほんじょう-むねひで

1809-1873 江戸時代後期の大名。
文化6年9月13日生まれ。本庄宗允(むねただ)の次男。叔父本庄宗発(むねあきら)の養子となり,天保(てんぽう)11年丹後(京都府)宮津藩主本庄(松平)家6代。大坂城代などをへて,元治(げんじ)元年老中。第2次幕長戦争の際,独断で休戦交渉をおこなって老中を免じられ,蟄居(ちっきょ)となる。明治6年11月20日死去。65歳。通称は秀次郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本庄宗秀

没年:明治6.11.20(1873)
生年:文化6.9.13(1809.10.21)
幕末の老中。宮津藩(京都府)藩主。天保11(1840)年に襲封。奏者番,寺社奉行となりその在任中に安政の大獄を担当する。大坂城代,京都所司代を経て元治1(1864)年8月老中。慶応1(1865)年2月,老中阿部正外と幕兵3000を率いて上洛,朝廷を幕府の管理下に置こうとして失敗した。翌2年5月,征長先鋒副総督として広島に出張。戦局は幕府・征長軍の不利に進行し,拘禁中の長州藩使節を釈放して和平交渉を始めようとしたが,征長先鋒総督徳川茂承の反発を招き老中を罷免され,次いで隠居・謹慎に処せられた。幕府倒壊後,新政府に出仕し教部省に勤務した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本庄宗秀の関連キーワード京都府宮津市小田京都府宮津市河原京都府宮津市喜多京都府宮津市惣京都府宮津市田井京都府宮津市中野京都府宮津市畑京都府宮津市文珠京都府宮津市脇西村奇石

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone