コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本有 ホンウ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐う【本有】

連声(れんじょう)で「ほん」とも》仏語
本来的な存在。初めから有ること。
四有(しう)の一。生まれてから死ぬまでの身。

ほん‐ぬ〔‐ウ〕【本有】

ほんう」の連声(れんじょう)

ほん‐ゆう〔‐イウ〕【本有】

[名](スル)生まれながらに備えていること。固有。生得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんう【本有】

〔連声して「ほんぬ」とも〕
〘仏〙
三有の一。現在の生。今の生。
四有の一。生まれてから、死ぬまでの間。生存している期間。

ほんぬ【本有】

〔「ほんう」の連声〕
〘仏〙 「ほんう(本有)」に同じ。

ほんゆう【本有】

( 名 ) スル
本来もっていること。また、その特質。生得。固有。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

本有の関連キーワード三鷹市山本有三記念館本日も晴れ。異状なし東京都三鷹市下連雀鯖江市西山動物園栃木県栃木市万町イギリス経験論コンディヤック吉田甲子太郎豊島与志雄大威徳明王ダーリング日相(2)普遍妥当性広島レモン同志の人々滋野岑子井上正夫生得観念推定脅威生具観念

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本有の関連情報