本有(読み)ホンウ

デジタル大辞泉の解説

ほん‐う【本有】

連声(れんじょう)で「ほんぬ」とも》仏語
本来的な存在。初めから有ること。
四有(しう)の一。生まれてから死ぬまでの身。

ほん‐ぬ〔‐ウ〕【本有】

ほんう」の連声(れんじょう)

ほん‐ゆう〔‐イウ〕【本有】

[名](スル)生まれながらに備えていること。固有。生得

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんう【本有】

〔連声して「ほんぬ」とも〕
〘仏〙
三有の一。現在の生。今の生。
四有の一。生まれてから、死ぬまでの間。生存している期間。

ほんぬ【本有】

〔「ほんう」の連声〕
〘仏〙 「ほんう(本有)」に同じ。

ほんゆう【本有】

( 名 ) スル
本来もっていること。また、その特質。生得。固有。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐う【本有】

〘名〙 (連声で「ほんぬ」とも発音する) 仏語。
① 本来的な存在。
② 本来そなわっていること。生まれつきそなわっていること。本来固有のもの。
※勝鬘経義疏(611)法身章「此滅諦是本有。故言無始」 〔法華玄義‐七・下〕
四有(しう)の一つ。生まれてから死ぬまでのあいだ。生有・死有・中有に対していう。
※伝光録(1299‐1302頃)商那和修尊者「本有をすて、当有にいたらざる間を名づけて中有とす」

ほん‐ぬ ‥ウ【本有】

〘名〙 (「ほんう」の連声) =ほんう(本有)

ほん‐ゆう ‥イウ【本有】

〘名〙
① 本来有すること。生まれながらに備え持っていること。固有。〔現代日用新語辞典(1920)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本有の関連情報