コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四有 しう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

四有
しう

仏教用語。サンスクリット語 bhavaの訳で「生存」「存在」の意。衆生の存在のあり方を期間別に4種に分類したもの。 (1) 死んでから次の生を受けるまでの期間である中有,(2) それぞれの世界に生を受ける瞬間を意味する生有,(3) 生を受けてから死ぬまでの一生の期間である本有,(4) 死ぬ瞬間を意味する死有の4種をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しう【四有】

〘仏〙 一つの生が経る四つの段階。すなわち、生命の出現する瞬間である生有しようう、生存している状態である本有ほんぬ、死ぬ瞬間である死有しう、次の生を得るまでの状態である中有ちゆうう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

四有の関連キーワード中陰臨終仏語三有

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四有の関連情報