コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本橋次左衛門 もとはし じざえもん

2件 の用語解説(本橋次左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本橋次左衛門 もとはし-じざえもん

?-1878 明治時代の一揆(いっき)指導者。
茨城県那珂郡(なかぐん)小舟村の農民。明治9年におこった地租改正反対一揆(那珂郡暴動)を指導。一揆勢は水戸の県庁へむかったが,県権令中山信安があつめた旧士族,囚人の抜刀隊に鎮圧された。明治11年8月11日処刑された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本橋次左衛門

没年:明治11.8.11(1878)
生年:生年不詳
明治時代百姓一揆の指導者,義民。常陸国(茨城県)那珂郡小舟村の百姓であったが,地租改正による百姓の窮乏をみかねて大町甚左衛門らと蜂起を決意,一揆の組織を作りあげた。明治9(1876)年12月6日,増井村百姓らの水戸出訴の報に接し,本橋が水戸に向かう間に,上小瀬村で百姓ら数百人が蜂起,8日に警官を殺害し,9日には水戸に向かい,途中の戸長宅を襲撃した。大町は増井村で決起をうながし,10日に阿波山上神社に結集した一揆勢は2000人余になった。その後石塚村十万原で県の鎮圧隊と銃撃戦となり,一揆側は17人の死者を出して撤退,さらに大町らが県の密命を受けた囚人らに暗殺されて組織は壊滅した。明治11年8月11日に,本橋が斬罪,岡崎新八,小林彦衛門が絞首刑になったほか多数が処罰された。これを那珂暴動・地租改正反対一揆という。本橋は義民として祭られ,明治29年に本橋政国之碑(緒川村小舟)が建立されたほか,昭和30(1955)年には義民堂(緒川村上小瀬),同50年に小瀬義民顕彰碑(小瀬村中央グランド)などが建立された。<参考文献>高井良水『小瀬義民の顛末』,小瀬義民顕彰会『小瀬一揆百周年記念出版・義民顕彰録』,高橋裕文『那珂郡農民一揆』上下

(斎藤善之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本橋次左衛門の関連キーワード義民百姓一揆磯部村清太夫片岡万平神永市兵衛上吉影村藤衛門下佐谷村助六鈴木源之丞深谷克己堀江六之丞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone