コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本田秀男 ほんだ ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本田秀男 ほんだ-ひでお

1899-1966 大正-昭和時代の能楽師シテ方。
明治32年10月7日生まれ。金春(こんぱる)流。桜間(さくらま)林太郎に師事し,大正4年上京して桜間伴馬(ばんま)に入門。昭和36年稀曲研究会を設立し「砧(きぬた)」「恋重荷(こいのおもに)」などを復活上演した。32年より日本能楽会会員。昭和41年2月28日死去。66歳。熊本県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本田秀男の関連キーワード桜間弓川桜間道雄昭和時代金春流

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android