コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本白桃

デジタル大辞泉プラスの解説

本白桃

岡山県で生産されるモモ。大きさは250~300g程度、果皮と果肉は白っぽい。甘みが強く、ねっとりとした食感。明治初期に中国から導入された各種の水蜜桃から、1901年に岡山県の大久保五郎氏が発見した偶発実生。その後栽培が広まる各種の白桃の元祖となる種。単に「白桃」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

本白桃の関連キーワードナウキャストバナー広告顕微鏡高速鉄道公訴時効敷布造血薬超高速鉄道ブタメチルドパ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android