コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本白桃

1件 の用語解説(本白桃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

本白桃

岡山県で生産されるモモ。大きさは250~300g程度、果皮と果肉は白っぽい。甘みが強く、ねっとりとした食感。明治初期に中国から導入された各種の水蜜桃から、1901年に岡山県の大久保五郎氏が発見した偶発実生。その後栽培が広まる各種の白桃の元祖となる種。単に「白桃」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本白桃の関連キーワード新興白鳳あかぎ浅間白桃黄金桃清水白桃昭和白桃丹波黒紅清水ゆうぞら

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone