コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本荘星川 ほんじょう せいせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本荘星川 ほんじょう-せいせん

1786-1858 江戸時代後期の儒者。
天明6年10月24日生まれ。文化6年昌平黌(しょうへいこう)にはいる。古賀精里にまなび,昌平黌の寮長。のち郷里の筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)で私塾川崎塾をひらく。文政5年久留米藩校明善堂の教官となる。安政5年2月15日死去。73歳。名は一謙。字(あざな)は孟撝。通称は一郎。姓は本庄ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

本荘星川の関連キーワード儒者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android