本身(読み)ホンミ

大辞林 第三版の解説

ほんみ【本身】

(竹光たけみつなどに対して)本物の刀。真剣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほん‐しん【本身】

〘名〙
① 本来の体。あるべき元の姿。
※神道集(1358頃)四「本身に成て、其の長け二丈許にて」
② その身体。自身の体。
※三国伝記(1407‐46頃か)一二「吾等が本身山の西南の隅一処に在りと」

ほん‐み【本身】

〘名〙 竹光(たけみつ)などに対して、鉄を鍛えて作った本物の刃物。真剣。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)中「身は竹刀ぬきかねて〈略〉我らが大小本身(ホンミ)でなしとあなどるか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android