コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本間光輝 ほんま みつてる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本間光輝 ほんま-みつてる

1855*-1922 明治-大正時代の大地主。
安政元年12月16日生まれ。出羽(でわ)酒田(山形県)の本間家7代。家業商業,金融業,農業にしたがい,明治21年本立銀行,30年本間農場をつくる。初代酒田町長をつとめ,公共事業にもつくした。大正11年4月30日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

本間光輝

没年:大正11.4.30(1922)
生年:安政1.12.16(1855.2.2)
明治大正期の大地主,豪商。酒田本間家が最高に発展した時期の当主。幼名恕一郎,序一郎,源吉。6代光美の長男。明治8(1875)年,酒田本間宗家7代目の家督を継ぐ。明治22年の町村合併時には本間宗家は酒田町の納税総額の3分の1を占めていた。初代町長を務め,商業経営の近代化を図り,明治21年に本立銀行,30年に本間農場,40年に商業・土地経営のために信成合資会社(本間店)を組織し,所有地は大正末期に1690ha余に達した。旧本間家別邸が本間美術館(酒田市)となっている。<参考文献>佐藤三郎『酒田の本間家』,『本間家所蔵資料集』1巻

(横山昭男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

本間光輝の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android