コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いわき(読み)イワキ

デジタル大辞泉の解説

いわき〔いはき〕

福島県南東部の市。昭和41年(1966)平(たいら)・城(いわき)・勿来(なこそ)・常磐(じょうばん)・内郷(うちごう)の5市と周辺の9町村が合併して成立。常磐炭田を背景に発展。重化学工業のほか、観光資源にも富む。人口34.2万(2010)。

いわき〔いはき〕【磐城】

旧国名の一。現在の福島県東部から宮城県南部にあたる。明治元年(1868)、陸奥(むつ)から分国。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

磐城【いわき】

福島県いわき市の一地区。1954年市制の旧市で,1966年合併。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

いわき【磐城】

旧国名の一。1868年(明治1)陸奥むつ国を分割して成立。福島県東部と宮城県南部に相当する。
(市名は仮名書き)福島県南東部、太平洋に面する市。農林・水産業のほか、化学・金属工業が盛んで県内海岸地方南部の中心地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

いわきの関連情報