コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱傘 シュガサ

3件 の用語解説(朱傘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐がさ【朱傘】

地紙を朱色に染めた長柄の差し傘。戸外の法会や儀式などで、導師などに後ろから差しかざして日よけ用とする。また、室町時代には貴人にも用いた。しゅがらかさ。

しゅ‐がらかさ【朱傘】

朱傘(しゅがさ)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅがさ【朱傘】

地紙を朱色に染め、長柄をつけたさし傘。法会の際、屋外で僧などにさしかける。室町時代には貴人の用ともした。しゅがらかさ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朱傘の関連キーワード甲袈裟長柄長柄持色染柿染紅染差傘染返す染紙茶染

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朱傘の関連情報