コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

密陽 みつよう

3件 の用語解説(密陽の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

密陽【みつよう】

韓国,慶尚南道東部の田園都市洛東江が近くを,支流密陽江が市街地を貫く。周囲は平地で水流に恵まれ,慶尚道を代表する農業地帯。稲作はじめ,蔬菜栽培,畜産などが盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みつよう【密陽 Milyang】

韓国,慶尚南道内陸の都市。人口13万1390(1995)。洛東江が南界を画し,その支流密陽江が郡内を貫流しており,平地と水利に恵まれた嶺南地方(慶尚道)の代表的農業地帯の中心地にある。稲作をはじめ,蔬菜栽培,畜産も盛んだが,隣の昌寧と並びニンニクトウガラシの主産地として名高い。また密陽朴氏の本貫地で,民謡《密陽アリラン》でも知られる。嶺南作物試験場があり,米の新品種〈密陽〉が創出された。京釜鉄道と道路交通を結ぶ要地にあって,商業が発達し,都市化が進んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

密陽
みつよう / ミルヤン

韓国(大韓民国)、慶尚南道、大邱(たいきゅう)と釜山(ふざん)の中間に位置する市。面積799.01平方キロメートル、人口11万5787(2000)。1931年、面から邑(ゆう)に昇格。89年、市に昇格。95年、密陽郡と統合。農産物集散地、経済中心地である。おもに米、野菜、トウガラシ、リンゴの生産が多く、繊維、陶器、機械などの工業が発達しつつある。鉄道京釜(けいふ)線と国道が通過し、地方道が集結する交通の要地である。[張 保 雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

密陽の関連キーワード巨済島慶尚南道慶尚北道通度寺金泳三アグラ蔚山泗川馬山阪本栄一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

密陽の関連情報