朴葉みそ(読み)ほおばみそ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岐阜県の郷土料理。山国飛騨(ひだ)では、大きなホオノキの葉を料理に使うことが多い。朴葉みそは、各家庭自慢のみそに、刻んだネギ、シイタケ、ショウガやゴマを混ぜて、洗ったホオノキの葉(干したもの)にのせ、こんろの火で焼いて熱いところを食べる。素朴な料理だが、ホオノキの葉特有の香りが焼きみその味を引き立て、食欲をそそる。かつては飛騨地方の家庭では朝食にかならずつくったものだが、いまは郷土料理として広く紹介され、料亭などでも出されるし、土産(みやげ)物として市販もされている。夏のホオノキの青葉は、朴葉ずし、朴葉餅(もち)などに用いる。[堤 方子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朴葉みその言及

【みそ(味噌)】より

…焼きみそは小皿や杉板に塗りつけて火であぶる。飛驒名物の朴葉(ほおば)みそもその一種で,鶏肉,たけのこ,シイタケなどを刻んでみそにまぜ,ホオノキの葉にのせて炭火で焼く。和菓子には白みそを使ったみそあんが,正月の花びら餅や5月の柏餅に使われている。…

※「朴葉みそ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android