朽葉色(読み)くちばいろ

色名がわかる辞典の解説

くちばいろ【朽葉色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「みのみを帯びた」としている。一般に、くすんだ赤みがかった黄色のこと。秋の落ち葉の色を表す王朝風の優雅な伝統色名である。赤みが強い色を赤朽葉、黄色みが強い色を黄朽葉と呼ぶなど、「朽葉四十八色」といわれるほど微妙な色の違いを見分けていた。江戸時代には系統としてひきつがれ、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるようになる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

くちばいろ【朽葉色】

染め色の名。赤みがかった黄色。くちば。赤みの強いものを赤朽葉、黄みの強いものを黄朽葉、青みを帯びるものを青朽葉という。
「黄枯茶きがらちや」に同じ。
かさねの色目の名。表は朽葉色、裏は黄色。秋に用いる。くちば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くちば‐いろ【朽葉色】

〘名〙 (落葉の色の意)
① 赤みを帯びた黄色。くちば。
※忠見集(960頃)「うへのくちばいろのおほむ扇に、ただつるのかたをおもてにかかせたまへる」
② 染色の一つ。薄い藍色がかった黄色。黄枯茶(きがらちゃ)
(かさね)の色目の名。表は赤みがかった黄色、裏は黄色。秋に用いる。くちば。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「下人はくちばいろの襖(あを)など心にまかせて着たり」
[補注]③については、表は山吹に裏は黄、表は朽葉に裏は蘇芳(すおう)、表は薄紅で裏は山吹など諸説がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android