朽葉色(読み)くちばいろ

色名がわかる辞典の解説

くちばいろ【朽葉色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「みのみを帯びた」としている。一般に、くすんだ赤みがかった黄色のこと。秋の落ち葉の色を表す王朝風の優雅な伝統色名である。赤みが強い色を赤朽葉、黄色みが強い色を黄朽葉と呼ぶなど、「朽葉四十八色」といわれるほど微妙な色の違いを見分けていた。江戸時代には系統としてひきつがれ、「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるようになる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

くちばいろ【朽葉色】

染め色の名。赤みがかった黄色。くちば。赤みの強いものを赤朽葉、黄みの強いものを黄朽葉、青みを帯びるものを青朽葉という。
「黄枯茶きがらちや」に同じ。
かさねの色目の名。表は朽葉色、裏は黄色。秋に用いる。くちば。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android