赤朽葉(読み)あかくちば

色名がわかる辞典の解説

あかくちば【赤朽葉】

色名の一つ。だいだいよりも、わずかに濃く、くすんだ色。地上に朽ちようとする落ち葉の色から名付けられた色名を朽葉色といい、これは橙色の茶色がかった染色をさす。赤朽葉はそれよりも赤みの強い染色のこと。紅葉が散って間もない状態を連想させる優美な伝統色名平安時代の命名とされる。平安貴族たちは微妙な自然の変化を衣装に反映させて季節を楽しんだ。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかくちば【赤朽葉】

染め色の名。赤みを帯びた朽葉色。
かさねの色目の名。表は紅、中陪なかべは赤みがかった黄、裏は黄。秋に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐くちば【赤朽葉】

〘名〙
① 染色の名。朽ち葉色(茶色)の赤みを帯びたもの。装束の、季節に用いる色としては秋に相当する。
※延喜廿一年京極御息所褒子歌合(921)「員刺(かずさし)の童、あかくちはの汗衫(かざみ)
② 襲(かさね)の色目の名。表は紅、中重(なかえ)は赤みがかった黄、裏は青色で、狩衣(かりぎぬ)、下襲(したがさね)などに用い、秋に着る。
※弄花抄(1510頃)乙女「あかくちははよのつねの朽葉の赤きかたによりたる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤朽葉の関連情報