赤朽葉(読み)あかくちば

色名がわかる辞典の解説

あかくちば【赤朽葉】

色名の一つ。だいだいよりも、わずかに濃く、くすんだ色。地上に朽ちようとする落ち葉の色から名付けられた色名を朽葉色といい、これは橙色の茶色がかった染色をさす。赤朽葉はそれよりも赤みの強い染色のこと。紅葉が散って間もない状態を連想させる優美な伝統色名平安時代の命名とされる。平安貴族たちは微妙な自然の変化を衣装に反映させて季節を楽しんだ。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

あかくちば【赤朽葉】

染め色の名。赤みを帯びた朽葉色。
かさねの色目の名。表は紅、中陪なかべは赤みがかった黄、裏は黄。秋に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤朽葉の関連情報