杉山正義(読み)すぎやま まさよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山正義 すぎやま-まさよし

1686-1749 江戸時代中期の武士,漢学者。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。杉山正仲(まさなか)の父。筑後(ちくご)(福岡県)久留米(くるめ)藩士。合原窓南(あいはら-そうなん)の門にまなび易学に通じた。寛延2年11月14日死去。64歳。通称は謙,清兵衛。号は恒斎。著作に「易経本義和解」「酔吟聯句六千句」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android