コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山杉風 すぎやま さんぷう

美術人名辞典の解説

杉山杉風

江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人。江戸生。通称は鯉屋藤左衛門・市兵衛。別号は採荼庵・荼舎・蓑翁・五雲亭等、隠居して一元。芭蕉の後援者、また弟子として随身した。篤実な人柄を芭蕉も愛し「去来は西三十三国、杉風は東三十三国の俳諧奉行」と言ったと伝えられる。『常盤屋之句合』『角田川紀行』等の著がある。享保17年(1732)歿、86才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すぎやま‐さんぷう【杉山杉風】

[1647~1732]江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人。江戸の人。通称、鯉屋市兵衛。別号、採荼庵(さいたあん)・蓑翁(すいおう)。深川の芭蕉庵の提供など、芭蕉を経済的に援助した。著「常盤屋句合(ときわやのくあわせ)」「杉風句集」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山杉風 すぎやま-さんぷう

1647-1732 江戸時代前期-中期の俳人。
正保(しょうほ)4年3月生まれ。松尾芭蕉(ばしょう)の門人。家業は幕府御用の魚問屋で,深川の別荘を芭蕉庵に提供。芭蕉に「東三十三国の俳諧(はいかい)奉行」といわれた。享保(きょうほう)17年6月13日死去。86歳。名は元雅。通称は鯉屋藤左衛門,市兵衛。別号に採荼(さいだ)庵,蓑翁(さおう)など。編著に「常盤屋句合(ときわやのくあわせ)」「冬かつら」など。
【格言など】がつくりと抜け初むる歯や秋の風(「猿蓑(さるみの)」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉山杉風

没年:享保17.6.13(1732.8.3)
生年:正保4(1647)
江戸時代の俳人。通称,藤左衛門または市兵衛。別号に採荼庵,荼舎,蓑翁,蓑杖など。隠居して一元と号した。江戸日本橋本小田原町に住んで,幕府に魚類を納める納屋を営む。屋号を鯉屋といった。俳諧は,父仙風と共に松尾芭蕉門。東下後の芭蕉に親しみ,延宝期には江戸蕉門の中心人物となる。『桃青門弟独吟二十歌仙』(1680)の巻頭をつとめ,その実績をもとに『常盤屋句合』を刊行。貞享期(1684~88)になると,榎本其角,服部嵐雪の活動がはなやかになり,杉風の影はうすくなるが,詩的才能の限界とともに,家業の多忙が災いしたか。元禄6,7(1693,94)年になると,芭蕉の「軽み」によく従い,『別座鋪』の編集に関与。晩年には『冬かつら』『木曾の谷』の刊行もあったが,かつてほどの精彩はなかった。芭蕉のパトロン的存在であり,その真摯な性格により信頼を得た。没後,家蔵の芭蕉真蹟は鯉屋ものとしてよく知られている。

(楠元六男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すぎやまさんぷう【杉山杉風】

1647~1732) 江戸中期の俳人。通称、鯉屋市兵衛、また藤左衛門。家業は幕府に魚を納める御納屋おなや。芭蕉に師事、物心両面から芭蕉を援助した。著「常盤屋句合」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

杉山杉風
すぎやまさんぷう

[生]正保4(1647).江戸
[没]享保17(1732).6.13. 江戸
江戸時代中期の俳人。蕉門十哲の一人。通称,藤左衛門または市兵衛。別号,採荼庵,荼舎,蓑翁,蓑杖,五雲亭,一元。幕府に魚類を納める,いわゆるお納屋 (なや) を営み,屋号は鯉屋。芭蕉の最も古い門人で,芭蕉の援助者でもあった。深川六間堀の芭蕉庵は杉風が提供したもの。俳諧のほか,禅,茶,画をよくした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉山杉風
すぎやまさんぷう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone