コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉山元治郎 スギヤマモトジロウ

5件 の用語解説(杉山元治郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すぎやま‐もとじろう〔‐もとヂラウ〕【杉山元治郎】

[1885~1964]農民運動家・政治家。大阪の生まれ。クリスチャンとなり、東北地方で伝道活動に従事。大正11年(1922)賀川豊彦らと日本農民組合を結成。昭和7年(1932)以後、衆議院議員第二次大戦後は社会党に所属。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉山元治郎 すぎやま-もとじろう

1885-1964 大正-昭和時代の農民運動家,政治家。
明治18年11月18日生まれ。牧師となり農村伝道に従事。大正11年日本農民組合をつくり組合長となる。以来,労働農民党委員長,全国農民組合委員長をつとめた。昭和7年衆議院議員(当選9回,社会党)。30年衆議院副議長。昭和39年10月11日死去。78歳。大阪出身。東北学院卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すぎやまもとじろう【杉山元治郎】

1885‐1964(明治18‐昭和39)
農民運動の指導者。政治家。大阪府出身。大阪府立農学校在学中に沖野岩三郎を知り,キリスト教徒となる。1909年東北学院神学部を卒業し,仙台で牧師となる。伝道の過程で農民解放運動の必要を痛感し,以後,農民運動に尽力する。20年大阪に転住し,賀川豊彦を訪れ,共に運動を行うようになる。22年1月雑誌《土地と自由》を創刊し,広く農民に呼びかけて4月日本農民組合(日農)を結成,組合長となる。26年労働農民党中央執行委員長,27年全日本農民組合(全日農)組合長,28年全国農民組合(全農)中央委員長となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すぎやまもとじろう【杉山元治郎】

1885~1964) 農民運動家。大阪府生まれ。東北学院神学部卒。1922年(大正11)賀川豊彦とともに日本農民組合を設立。32年以降衆議院議員。キリスト教人道主義に立ち、終生農村問題に取り組んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉山元治郎
すぎやまもとじろう
(1885―1964)

農民運動家、政治家。大阪府生まれ。大阪府立農学校在学中クリスチャンとなり、東北学院神学部卒業後、東北地方のキリスト教農村伝道に従事し、同時に農民に農業技術や経営の指導を行う。1920年(大正9)大阪に帰り賀川豊彦(かがわとよひこ)と会い、生涯の同志となる。1922年賀川らと最初の全国的農民組合である日本農民組合を設立し組合長に就任、1926年労働農民党委員長となる。無産政党の分裂に際して同委員長を辞任し、中間派の日本労農党に属するが、1928年(昭和3)の農民組合合同によって全国農民組合委員長となり、また同組合解散後の1938年大日本農民組合委員長となる。
 1932年全国労農大衆党から衆議院選挙に出馬して以来連続4期当選したが、1942年の翼賛選挙で推薦候補となったことにより、戦後公職追放となる。追放解除後の1951年(昭和26)社会党から衆議院議員に当選、1955年衆議院副議長に就任した。[赤澤史朗]
『『土地と自由のために――杉山元治郎伝』(1965・杉山元治郎伝刊行会) ▽杉山元治郎先生追悼録刊行会編『聖愛の種まく人』(1969・キリスト新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の杉山元治郎の言及

【全農】より

…この年,全農は大衆行動をいっさい休止して挙国一致に協力する方針を打ち出し,戦争協力を表明した。そして翌38年2月には,全農から大日本農民組合(杉山元治郎,三宅正一ら)が分裂し,また稲村隆一,長尾有らが東方会支持の日本農民連盟を結成したため,全農はここに解体した。
[第2期]
 第2次大戦後に結成された農民組合の全国組織。…

【日農】より

…大正期以後,3次にわたって日本農民組合と称する全国的農民組織が結成され,いずれも日農と略称する。(1)日本最初の全国的農民組合組織 1922年4月9日,賀川豊彦,杉山元治郎,山上武雄,古瀬伝蔵らを指導者として神戸で創立。杉山を組合長とし,機関紙《土地と自由》を発刊した。…

【農民運動】より


[戦前]
 第1次大戦による日本資本主義の急激な膨張を背景に,地主・小作間の矛盾は各地で顕現し,小作争議件数は,1918年250件,20年408件と年々増勢した。この高揚のなかで,21年10月には賀川豊彦杉山元治郎らが中心となって農民組合の全国組織を計画,翌22年4月9日,神戸で日本農民組合(組合長杉山)が創立された。日農が結成されると下部組織は西日本を中心に急速に広がり,岡山,大阪,兵庫,香川などでは日農の指導のもとに大規模で激しい農民運動が展開した。…

※「杉山元治郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

杉山元治郎の関連キーワードサパタステンカラージン田辺納冨吉栄二溝上正男村中百合子横田英夫ガイヤー農民運動講習所マフノ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone