コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉木正友 すぎき まさとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉木正友 すぎき-まさとも

1597-1676 江戸時代前期の俳人。
慶長2年生まれ。杉木望一(もいち)の弟。伊勢(いせ)(三重県)山田の人。望一をたすけて伊勢俳壇の興隆に寄与した。延宝4年7月4日死去。80歳。通称は久右衛門。編著に「伊勢俳諧長帳」,句集に「正友千句」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉木正友の関連キーワードインノケンチウス11世アレクセイ・ミハイロビチシデナムフョードル[3世]ライプニッツ鶴瀬長六郎クーケバッケルフィゲイレド足利義昭葛西晴信

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone