望一(読み)もいち

世界大百科事典 第2版の解説

もいち【望一】

1586‐1643(天正14‐寛永20)
江戸前期の俳人で,伊勢俳壇の指導者。〈もういち〉ともいい,望都,茂都とも記す。杉木。伊勢山田の人,また一志の人とも。伊勢神宮の師職家中でも文芸愛好者の多い杉木一族に生まれ,盲人勾当(こうとう)の官位を得た。作風は平凡だが,その《伊勢俳諧大発句帳》が《犬子(えのこ)集》の基盤をなすなど俳諧史的意義は軽視できない。作品は《望一千句》(1649),《望一後千句》(1667)など。〈花に来ぬ人笑ふらし春の山〉(《毛吹草》)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もいち【望一】

室町後期から江戸初期の俳人。伊勢国(三重県)山田の人。本姓は杉木。もういち。全盲の身で守武以後の伊勢俳壇の中心的指導者となった。俳風は「犬筑波」「守武千句」同様に古体を有する。著「望一千句」「望一後千句」など。天正一四~寛永二〇年(一五八六‐一六四三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

望一の関連情報