杉本京太(読み)すぎもときょうた

日本大百科全書(ニッポニカ)「杉本京太」の解説

杉本京太
すぎもときょうた
(1882―1972)

和文タイプライター発明者。岡山県に生まれる。初め通信技術者になることを志して大阪市電信技術養成所に入り、1900年(明治33)卒業、大阪郵便局に勤務した。その後、活版印刷技術関係の仕事に従事した。1915年(大正4)和文タイプライターを発明、当初は縦打ち専門のものであったが、改良を重ねて完成した。なお、同年に仮名タイプライターが黒沢貞次郎(くろさわていじろう)(1875―1953)により創案されている。杉本は1917年に日本タイプライター株式会社(現、キヤノンセミコンダクターエクィップメント株式会社)を創立して経営の任にあたり、その顧問も務めた。和文モノタイプや小型トーキー映写機も発明したほか、和文タイピストの養成にも貢献した。

山崎俊雄

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「杉本京太」の解説

杉本京太 すぎもと-きょうた

1882-1972 大正-昭和時代の発明家。
明治15年9月20日生まれ。大阪で活版印刷関係の仕事をしたのち上京。大正4年実用的な和文タイプライターを発明,特許を取得した。6年日本タイプライター株式会社を創立し,また和文タイピストの養成にもつくす。昭和11年国産の小型トーキー映写機をつくった。昭和47年12月26日死去。90歳。岡山県出身。大阪市電信技術者養成所卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の杉本京太の言及

【タイプライター】より

… タイプ速度は,熟練により毎分50ワード(250ストローク)~80ワードに達し,国際的なコンテストでは120ワード以上に達する人もいる。
[和文タイプライター]
 1915年,杉本京太によって発明された。文字盤に活字を並べ,オペレーターは1本1本,必要な活字をさがして印字していく。…

※「杉本京太」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android