コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本忠恵 すぎもと ちゅうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本忠恵 すぎもと-ちゅうけい

1618-1689 江戸時代前期の医師。
元和(げんな)4年生まれ。沢野忠庵(ポルトガル人フェレイラ)にまなび,その娘婿。寛文10年(1670)幕府医官となる。南蛮流外科で幕府につかえた最初の人。元禄(げんろく)2年10月6日死去。72歳。伊豆(いず)出身とも長崎出身とも。名は元政

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

杉本忠恵

没年:元禄2.10.6(1689.11.17)
生年:元和4(1618)
江戸前期の医者。名は定政。忠恵は号。長崎の人。沢野忠庵 に外科医学を学んで,いわゆる南蛮流外科医として名を知られる。師忠庵の女婿という。寛文6(1666)年将軍徳川家綱に御目見え,同10年12月廩米200俵を給される。天和3(1683)年12月21日致仕。幕府医官としての杉本家は以後,元真,良英,良貞,良猷,良と続く。なかでも法印を叙せられ宗春院と号した良(第6代仲温)は著名である。品川東海寺の定恵院に葬られる。<参考文献>浅田宗伯『皇国名医伝』,森潤三郎『多紀氏の事蹟』

(平野満)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

杉本忠恵の関連キーワード西玄甫

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android