コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉本忠恵 すぎもと ちゅうけい

2件 の用語解説(杉本忠恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉本忠恵 すぎもと-ちゅうけい

1618-1689 江戸時代前期の医師。
元和(げんな)4年生まれ。沢野忠庵(ポルトガルフェレイラ)にまなび,その娘婿。寛文10年(1670)幕府の医官となる。南蛮流外科で幕府につかえた最初の人。元禄(げんろく)2年10月6日死去。72歳。伊豆(いず)出身とも長崎出身とも。名は元政。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

杉本忠恵

没年:元禄2.10.6(1689.11.17)
生年:元和4(1618)
江戸前期の医者。名は定政。忠恵は号。長崎の人。沢野忠庵 に外科医学を学んで,いわゆる南蛮流外科医として名を知られる。師忠庵の女婿という。寛文6(1666)年将軍徳川家綱に御目見え,同10年12月廩米200俵を給される。天和3(1683)年12月21日致仕。幕府医官としての杉本家は以後,元真,良英,良貞,良猷,良と続く。なかでも法印を叙せられ宗春院と号した良(第6代仲温)は著名である。品川東海寺の定恵院に葬られる。<参考文献>浅田宗伯『皇国名医伝』,森潤三郎『多紀氏の事蹟』

(平野満)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉本忠恵の関連キーワード春斎三宅擔庵山脇元沖狩野柳伯烏丸光賢曲直瀬玄鑑吉益贏齋医者坊主医者坊手医者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone