コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元政 げんせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元政
げんせい

[生]元和9(1623).2.23.
[没]寛文8(1668).2.18. 京都
江戸時代初期の詩僧。幼時から俊才を称され,井伊直孝に仕えたが,山水を好み書物を愛した。のち日蓮宗に深く帰依して出家し,『法華経』研究に沈潜,京都の南深草の瑞光寺を開山して住し,「深草上人」と呼ばれた。明の遺臣陳元贇と親交を結んで,詩を唱和したことが知られる。彼の詩は明の袁宏道の影響があるといわれ,その平明清幽な詩趣当代にぬきんでている。『草山集』をはじめ著述が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

元政【げんせい】

江戸時代の日蓮宗の僧,文人。彦根(ひこね)藩主井伊直孝に仕え,俗名石井元政と称する。妙顕(みょうけん)寺日豊の下に剃髪(ていはつ),法名は日政。京都深草に住み,瑞光寺を開創

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元政 げんせい

1623-1668 江戸時代前期の僧。
元和(げんな)9年2月23日生まれ。もと近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。慶安元年京都の日蓮宗妙顕寺の日豊のもとで出家。明暦元年京都郊外の深草に称心庵をむすぶ。詩文にすぐれ,北村季吟,熊沢蕃山(ばんざん),陳元贇(ちん-げんぴん)らとまじわる。寛文8年2月18日死去。46歳。俗名は石井吉兵衛。法名は日政。号は不可思議,妙子など。著作に「草山集」「元元唱和集」など。
【格言など】心ここにあらずんば,たとい膝下(しっか)にありといえども親を見ざるなり(「身延行記」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

元政

没年:寛文8.2.18(1668.3.30)
生年:元和9.2.23(1623.3.23)
江戸前期の日蓮宗の僧。京都深草瑞光寺の開山で,日政と号し不可思議,称心庵とも称した。石井元好の5男,13歳のとき彦根藩主井伊直孝に近侍。19歳で病を得て出家の三願を立てた。「一に出家せん,二に父母に孝養をつくさん,三に天台三大部を読了せん」と。26歳のとき,致仕して妙顕寺日豊の門に入る。33歳におよび,深草に称心庵(のち瑞光寺)を結び,ここを拠点に修行に励む一方,石川丈山 ら多くの文人墨客とつきあいを結んだ。宗学者とともに文人としても有名で,旅日記『身延道の記』は後水尾院より嘉賞された。三願を成就したその生涯の足跡は大きい。<著作>『草山和歌集』『元々唱和集』<参考文献>望月歓厚『日蓮宗学説史』

(佐々木馨)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

げんせい【元政】

1623‐68(元和9‐寛文8)
近世前期の文学者,法華僧。俗名石井八郎元政,出家後の諱(いみな)は日政。号は日如,日峰,不可思議,泰堂など。もと近江彦根藩士。致仕して妙顕寺日豊の下に身を投じ,のち山城の深草に称心庵を結んで,文事にふけり,深草の元政と称された。歌は松永貞徳の門。熊沢蕃山,加藤盤斎その他と広く交わり,学僧としても名高かった。著書としては詩集《艸山集》をはじめ,《草山和歌集》《身延道の記》《温泉遊草》《本朝法華伝》《扶桑隠逸伝》などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

げんせい【元政】

1623~1668) 江戸前期の日蓮宗の僧・漢詩人・歌人。京の人。諱いみなは日政ほか。もと彦根藩の武士。山城の深草に住して厳しい戒律の生活を送った。詩文に秀で、石川丈山などと交わった。「草山集」「草山和歌集」「本朝法華伝」「扶桑ふそう隠逸伝」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元政
げんせい
(1623―1668)

江戸前期の日蓮(にちれん)宗の僧侶(そうりょ)で漢詩文家、歌人。京都に出生。俗姓石井氏。元政はその名。通称吉兵衛。出家して法名日政。父石井元好(もとよし)は地下(じげ)官人の家柄で、梶井宮(かじいのみや)に出仕し、のち毛利輝元(もうりてるもと)の家臣となったが、仕えを退き京都に住む。元政は13歳で近江(おうみ)彦根(ひこね)藩主井伊直孝(いいなおたか)に出仕したが、26歳で仕えを退き、出家し仏道を修行した。学僧であるが、文学者として有名。漢詩では石川丈山(じょうざん)と並び称せられる。漢詩文集に『草山集(そうざんしゅう)』がある。明(みん)人、陳元贇(ちんげんぴん)と親交があり『元元唱和集』の刊本がある。和歌は松永貞徳(ていとく)の門人で、家集に『草山和歌集』がある。歌風は平明。和文では『身延道(みのぶのみち)の記』、漢文では『扶桑隠逸伝(ふそういんいつでん)』など多くの著書、校訂本がある。その京都・深草の住居称心庵は瑞光寺(ずいこうじ)となり、三竿竹(さんかんちく)の墓とともに有名。[宗政五十緒]
 里(さと)の犬のあとのみ見えて降る雪もいとど深草冬ぞさびしき
『『深草元政集』(1978・古典文庫) ▽宗政五十緒著「元政――その出自」(『日本近世文苑の研究』所収・1977・未来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

元政 (げんせい)

生年月日:1623年2月23日
江戸時代前期の日蓮宗の僧
1668年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

元政の関連キーワード核不拡散・核軍縮に関する国際委員会(ICNND)ルワンダ解放民主軍村上勘兵衛(4代)青山 霞村日乗(1)近世畸人伝一力健治郎大高坂芝山女神候補生2月18日右田毛利氏宗政五十緒加藤磐斎青木東庵石川数正市河寛斎深井秋水杉本忠恵生年月日小尾元政

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元政の関連情報