杉浦日向子(読み)すぎうら ひなこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦日向子 すぎうら-ひなこ

1958-2005 昭和後期-平成時代の漫画家,江戸風俗研究家。
昭和33年11月30日生まれ。稲垣史生(しせい)に時代考証をまなぶ。昭和55年「ガロ」入選の「通言室乃梅」でデビューし,江戸時代後期を舞台にした作品をかく。59年「合葬」で日本漫画家協会賞優秀賞,63年「風流江戸雀(すずめ)」で文芸春秋漫画賞。平成5年漫画家を廃業し,江戸風俗の研究に専念。平成17年7月22日死去。46歳。東京出身。日大中退。著作に「江戸へようこそ」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉浦日向子の関連情報