コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉浦真崎 すぎうら まさき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉浦真崎 すぎうら-まさき

1690-1754 江戸時代中期の歌人。
元禄(げんろく)3年生まれ。荷田春満(かだの-あずままろ)の姪(めい)。15歳で遠江(とおとうみ)(静岡県)浜松の諏訪(すわ)神社の大祝(おおはふり)(神職)杉浦国頭(くにあきら)の妻となった。夫とともに春満の国学,歌道を遠江地方にひろめた。宝暦4年2月29日死去。65歳。京都出身。本姓は羽倉。名は政子,のち雅子。著作に「夜あらし」,家集に「宿の梅」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

杉浦真崎の関連キーワードアメリカ合衆国史(年表)オーノア夫人ホイヘンス荒井全哉嵐三右衛門日本の医学史(年表)ネーミア怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)久留米藩大一揆土御門泰邦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android