杉田鶴子(読み)すぎた つるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田鶴子 すぎた-つるこ

1882-1957 大正-昭和時代の歌人,小児科医。
明治15年12月6日生まれ。杉田玄白後裔(こうえい)。大正9年「朝の光」創刊に参加し,窪田空穂(くぼた-うつぼ),宇都野研師事。のち「勁草(けいそう)」同人。戦後東京第一病院二宮分院主任医をつとめた。昭和32年4月20日死去。74歳。兵庫県出身。日本医学校(現日本医大)卒。本名はつる。歌集に「菩提樹」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android