コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉田鶴子 すぎた つるこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

杉田鶴子 すぎた-つるこ

1882-1957 大正-昭和時代の歌人,小児科医。
明治15年12月6日生まれ。杉田玄白後裔(こうえい)。大正9年「朝の光」創刊に参加し,窪田空穂(くぼた-うつぼ),宇都野研師事。のち「勁草(けいそう)」同人。戦後東京第一病院二宮分院主任医をつとめた。昭和32年4月20日死去。74歳。兵庫県出身。日本医学校(現日本医大)卒。本名はつる。歌集に「菩提樹」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

杉田鶴子の関連キーワード杉田 鶴子小児科医昭和時代歌人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android