コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李侗 りとうLǐ Tóng

世界大百科事典 第2版の解説

りとう【李侗 Lǐ Tóng】

1093‐1163
中国,南宋時代の思想家。延平先生と称せられる。福建省の人。任官にも背を向け,清貧と韜晦(とうかい)の一生を送ったが,羅予章(らよしよう)から学んだ〈道学〉をさらに深化させ,朱熹(しゆき)(子)に伝えた功績は大きい。道理の知的理解よりもその〈体認〉(道理と自己との一体化)を重視する特異な認識論や,静坐によって本性を養い育てるその修行法は,朱子学成立に決定的な役割を果たした。日本や朝鮮でも広く読まれた《延平答問》は,朱熹が編んだ師の言行録である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の李侗の言及

【朱熹】より

… 24歳になって,泉州同安県の主簿(帳簿主任)を拝命し,長い官僚生活の第一歩を踏み出した。この同安県への赴任の途中,朱熹の生涯の師,李侗(とう)(延平)と出会い,それより10年にわたる師事を通して,道学に目を開かれ,当時の多くの知識人を吸引していた禅と決別する。34歳のとき,李延平の死ときびすを接して,湖南学派の俊才張栻(ちようしよく)(1133‐80)(南軒)と知りあい,彼から心のはたらきとその修養法について大きな影響を受ける。…

※「李侗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

李侗の関連キーワード楊時

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android