コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韜晦 トウカイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐かい〔タウクワイ〕【××晦】

[名](スル)
自分の本心や才能・地位などをつつみ隠すこと。
「何故貴女は自分をそれ程まで―して居られるのか」〈有島或る女
身を隠すこと。姿をくらますこと。
「章三郎は一と月ばかり―していたが」〈谷崎・異端者の悲しみ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうかい【韜晦】

( 名 ) スル
〔「韜」はつつみかくす、「晦」はくらます意〕
自分の才能・地位・身分・行為などをつつみかくすこと。人の目をくらますこと。 「互に深く-して、彼豪族らに油断をなさしめ/慨世士伝 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

韜晦の関連キーワードエルメティズモ岡崎 清一郎岡崎清一郎永井 荷風危険な関係モンターレ夢巌祖応花田清輝夢窓疎石ルーツィ高峰顕日石川 淳中林竹渓お家物風刺狂文晦蔵楊慎阮籍李侗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

韜晦の関連情報