コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静坐 せいざjìng zuò

世界大百科事典 第2版の解説

せいざ【静坐 jìng zuò】

ある一定時間,精神を統一して端することをいうが,《吾輩は猫である》に〈儒家にも静坐の工夫と云ふのがある相(そう)だ〉と見えるように,中国宋代に興った新しい儒学(道学)では心の修養法として重視された。道学者によれば,心は静(未発(みはつ))と動(已発(いはつ))の間を揺れ動くが,めまぐるしい現実に対処して心の主体性を喪失しないためには,心の静時におけるその本性の涵養が必須であるとされる。このように現実の動の場を射程に入れたところに,禅家のいう坐禅と決定的な相違がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静坐
せいざ

臍下丹田(せいかたんでん)に力を込め鼻端を注視して内省する、中国近世の新儒教の修養論の一つ。道教の坐忘、仏教の坐禅なども所作は類似するが、静坐の特色は、静澄な場において内省し、人間は本来完全であること、社会的存在であることを覚醒(かくせい)し、万物一体の仁による大同社会の実現を理想とするところにある。朱子が「半日静坐、半日読書」を生活信条としたことは著名。明(みん)末の高攀竜(こうはんりゅう)(忠憲(ちゅうけん)、1562―1626)、幕末の楠本端山(くすもとたんざん)(1828―83)が静坐論を高唱した。田公平]
『岡田武彦著『坐禅と静坐』(1970・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の静坐の言及

【未発】より

…道学者の到達した結論は,〈未発〉こそ心の本源であり,ちょうど草木の根をしっかり培養すれば葉が茂り実が成るように,この本源を養えば感情の動きは調和を得,自己の主体性は現実の中に埋没しない,というものだった。その具体的な方法が〈静坐〉にほかならない。程子兄弟をはじめ,楊時,羅従彦,李侗(りとう)などは熱心に静坐を実践している。…

※「静坐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

静坐の関連キーワード二木式腹式呼吸法岡田式静坐法岡田 虎二郎芦田 恵之助伊奈 森太郎岡田虎二郎芦田恵之助サマーディ伊奈森太郎木下 尚江逸見 斧吉塩出 英雄山崎闇斎木下尚江居敬窮理紅卍字会事上磨錬西島城山銭徳洪致良知

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android