コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李富春 りふしゅんLi Fu-chun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李富春
りふしゅん
Li Fu-chun

[生]光緒26(1900).湖南長沙
[没]1975.1.9. 北京
中国の政治家。フランス留学苦学生団の一員として渡仏し,1922年中国共産党フランス支部に参加。 23年蔡暢と結婚,24年帰国した。北伐の際は第2軍政治部主任。長征に参加し,45年の七全大会で党中央委員。 54年以来,国務院副総理兼国家計画委員会主任,56年の八全大会で党中央委員,中央政治局委員となった。 50年代の五ヵ年計画の策定と実行,対ソ連交渉,60年代初めの調整政策の策定などに貢献した。文化大革命で批判され,69年の九全大会では中央委員に再選されたが,中央政治局委員には再選されなかった。党内では主として財政,経済部門の専門家として活動。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

李富春
りふしゅん / リーフーチュン
(1900―1975)

中国の政治家。湖南(こなん)省長沙(ちょうさ)市生まれ。1919年苦学生としてフランスに渡る。1921年共産主義青年団に入り、1922年中国共産党フランス支部に入党。1925年帰国。1931年江西(こうせい)省党委員会書記としてゲリラ活動を指導。1934年紅軍総政治部副主任。長征に参加。1944年延安(えんあん)で中国共産党中央副書記。1945年党中央委員。1949年5月東北人民政府副主席。同年10月新政府重工業相となる。1954年副首相、国家計画委員会主任。1956年政治局員。1958年中央書記。1966年には政治局常務委員となったが、「文化大革命」でその経済政策を批判され、1969年、1973年とも中央委員に選出されるにとどまった。1972年副首相として復活。1975年現職のまま病死した。夫人は革命家の蔡暢(さいちょう)[高市恵之助・渋谷 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

李富春の関連キーワード蔡和森

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

李富春の関連情報