コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李承薫 りしょうくんYi Sǔng-hun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李承薫
りしょうくん
Yi Sǔng-hun

[生]英祖32(1756).江原道,平昌
[没]純祖1(1801)
朝鮮最初のキリスト教信者。北京への朝鮮国王の使節一行の一人であった父李東郁に伴われて北京へ行き,そこで北京司教フランシスコ会士ゴベアからペテロの名で受洗,キリスト教を朝鮮へ伝えた。不完全な知識から自分たちで教階制 (ヒエラルキア) を創設し,承薫も司祭の一人として典礼を行なったが,のち北京からの知らせで誤りとわかり中止した。さらに北京司教が祖先崇敬を拒否したので教会を離れた。彼のもたらしたキリスト教は彼の受洗後 10年で迫害にあったが,4000名の信徒を得たという (→朝鮮のキリスト教 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りしょうくん【李承薫 (R)I Sǔng‐hun】

1756‐1801
朝鮮で最初に洗礼を受けたキリスト教徒。号は蔓川,教名はペテロ。平昌の人。家系は南人(党争)に属し,1780年に進士に合格した。84年,父の東郁(書状官)とともに燕行使随員として北京に赴き,同年2月に北京の南天主堂でグベーア司教から洗礼を受けた。帰国後はキリスト教の布教に努めたが,91年の珍山事件で捕らわれ,背教を偽装した。95年に中国人神父の周文謨(しゆうぶんも)が朝鮮に潜入すると活動を再開したが再び捕らえられ,礼山県に流配された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

李承薫の関連キーワードヒエラルキア辛酉教獄辛酉の獄周文純祖受洗

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android